月別アーカイブ: 2017年7月

ホリエモン ロケット 失敗 あちゃあ

皆様

今日SNSで見たら、平和なロケットが打ち上げられ 残念ながら失敗してしまいました。 ううう

SNSによると
宇宙ベンチャー「インターステラテクノロジズ」(北海道大樹町)は30日午後4時半ごろ、自社開発した初の観測ロケットを同町から打ち上げたが、目標の高度まで到達できず、打ち上げは失敗したとみられる。民間単独のロケットとして、国内初の宇宙空間到達を目指していたが、かなわなかった。

同社の生みの親で、元ライブドア社長の堀江貴文さん(44)らが打ち上げを見守った。堀江さんと、インターステラテクノロジズ社長の稲川貴大さん(30)は30日に現地で記者会見する。
ロケットは直径約50センチ、全長約10メートル、重さ約1トン。燃料に安価なエタノールを使用し、エンジンを自社開発するなどしてコストダウンを追求。現行の観測ロケット(1機当たり)の約10分の1に当たる5000万円以下の打ち上げを目指していた。
今回は人工衛星は積んでいないが、将来的には超小型衛星を軌道に投入する大型ロケットの商用化を目指していた。同社は堀江さんが2013年に創業した。

おやじ ホリエモンはきらいですが・・・
お隣の半島の暴走族小僧に比べたら
ずっといい

なんやら ほのぼの しました。 にゃーーあ

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ にほんブログ村 酒ブログ 酒情報へ  1クリックで、親父は1ニタリになります!

おそろしや北朝鮮のICBM

みなさま

昨日、またまた北朝鮮のミサイルが日本EEZに着水
もう慣れっこになってませんか。

今日SNSにおっそろしい映像が・・・
室蘭から飛行体がはっきり見えてますぞ

ぎゃーーあ
この映像です。 きゃあ→これです
のむのむさん 拝借しました。
ありがとうございます。

さて、地方局では流したらしいが
NHK様は、自分のカメラで撮れていたのに 放映しないそうです。
なぜなんだろう。
どうりでメジャーのテレビも落下地点をはっきり報道しない。
なぜだろう。???

もうこれやばいのではないでしょうか。
もう迎撃ミサイルでは、撃ち落とせない状況のよう ぎゃーーあ

騒ぎ立てることは、必要ないが・・・
不倫報道で満開の報道
ワイドショウと週刊誌のタッグマッチ報道

いい加減にしてくれーー
こらーー
しっかりしろーー

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ にほんブログ村 酒ブログ 酒情報へ  1クリックで、親父は1ニタリになります!

なんかおかしい テレビの馬鹿野郎

みなさま

また国会騒動 第2弾ですが・・・
しかし同じ文部省の元官僚トップ同士
加古さんと前川さん

まったくの正反対の性格 ぎゃーーあ

加古さんは、
苦節10年を超え、日本の悪しき文科省や利権団体が結託した「岩盤規制」と戦ってきた経緯
獣医学科は、なんと50年も新設がない。

鳥インフルエンザや口蹄疫等の感染症と戦うためにアメリカでは、獣医学部の新設を国策として取り上げている事実
このためにも日本に専門家を育成するために、獣医学部を長年設立をするために 恥も外聞もなく働きかけ続けた話は、
日本のために戦う男「こんな人もいたのか。」それも元文部省の高官

もとOB高官が文部省の部下たちに頭を下げ下げ それでも、部下たちから、けんもほろろにされていた逸話を聞くにおいて
自分のプライドをかなぐり捨て、日本のために働く高官は、やっぱりいた。という安心感をいだきました。 ううう

一方、規制を利権団体からの圧力に屈し、守り続ける官僚組織の悪しき実態には、ほんとうに憤ってしまいました。 こらーー

加古さんは、日本の将来を真剣に考える元キャリア
前川さんは、おのが権力に溺れる元キャリア

水戸黄門と悪代官

しかしおやじは、不思議でならない。
なぜ日本のマスコミは、取り扱うのは、前川ばっかりで
加古さんが県知事時代に、いかに日本の悪しき岩盤規制と戦ったかを大きく報道しないのだろうか。

ココが一番気持ちがわるい こらーーー ばかやろーー

本来日本のためにならない 巨大な組織(文科省)や利権団体(獣医学会)が作る岩盤規制をやっつけること!!!
これがマスコミの使命ではないだろうか。

残念ながら、この加古さんの国会でのスピーチは、ほとんどTVで流さない。
なんと マスコミ様のご回答は、報道しない自由ときたもんだ。

こらーー 馬鹿野郎

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ にほんブログ村 酒ブログ 酒情報へ  1クリックで、親父は1ニタリになります!

なんやらおかしい報道 こらーー

国会閉鎖中の審議

今、ちまたでお騒がせの 国会審議 「加計学園問題」
おやじ審議をじっくり ユーチューブで見ましたが
最初の質問者の小野寺さんの質疑でわかったぞい

いわゆる「加計ありき」論争の根本
やっぱり今回の発端は、元「前川事務次官」の妄想・思い込みから拡散している。 きゃーーあ

皆様もぜひ動画をご覧ください。
しかしこいつ 本当に嫌なタイプの官僚だ。

でもこんなやつがなぜ 野党やマスコミが担ぐのだろう。
ひょっとして これ日本人のわるい特性・特徴かも?
とにかく大きいものに対抗するものを応援する。「判官びいき」

もう一つ
日本人グループが何かを協議するときに、よく陥る 
意思決定のプロセス
会議で決定する前に トップのご意向を自然と伺う 
「そんたく」にもとずく「空気」という環境づくり

今回の問題提起は、このような姿勢(協議環境)を批判している報道内容だったはずだが・・・
国の政策決定後の行政執行は、中立で合理的な協議であるべき・・・

いまや、マスコミ様たちは、「今、政府を追及すること」がトレンデイとばかり
本質的な「岩盤規制をどうするか」など そっちのけ
いまや空気を通り越して、総理の指示があった。という点にすり替えが始まっている。

でもみなさま
この日本人の「空気」つくり問題
初期のころの、マスコミたちの報道方針自体がこれをやめるべき的な方針が・・・

一転して、マスコミ界でも、日本人の特徴である「空気を読む」組織行動心理が発動して
政府をたたくのが正義とばかり
「前川妄想」を具現化しているようですわ きゃーーあ

日本の協議方法の批判がいつのまにかミイラ取りがミイラに
自ら首を絞めているような へんてこ報道
マスコミも野党も
この空気への反発は、もう関係ありません。

とにもかくにも 強い安倍政権を攻撃するのは、この問題を追及するしかない
政策論争より 「疑問が残る。」といった点を強調する国民への「空気づくり」

残念ながら、支持率を見る限り これに踊らされている わが国民たち
いつも我々が批判する半島のマスコミや民衆の動向を笑えないぞう

こらーー しっかりせい

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ にほんブログ村 酒ブログ 酒情報へ  1クリックで、親父は1ニタリになります!