海外駐在員の心得3-2(サロン編)

ルールサロンには、ちょっとしたルールがありました。

テーブルは、厚さ6cmはある大理石で、幅およそ2.5m 長さは6m と巨大です。 ホストは、逆Uの字のトップに座ります。 まあ 王様の椅子です。  今回、お店を紹介してもらった コンサル会社の副社長さんが、来てくれました。 この方、日本語ができるので助かります。 今回、副社長に、王様になってもらいました。

22202先ほどの黒服(あとで聞くとフロアー専務でした。)が来て、丁寧に副社長にあいさつにきます。

副社長は、今までと違い ふんぞり返り、

今日は、大切なお客様がいる ちゃんとせいよ。韓国語で話すと  専務は、深々と お辞儀をしながら、後ろに 後ずさり しながら 部屋をでていきます。

支店長は、今日が初めて ですね。 しっかり 勉強してください。 まあ 色々なパターンがありますが、何種類か 基本的なパターンで遊びましょう。  そういうと 副社長は、うちの社員に、しっかり サポートするように 伝えていました。

おやじさん なんか 緊張で 「生唾 ごくり」 という感じでした。 社員がすかさず「偉そうにしてください。」

お店に なめられたら いけません。  ホストに恥をかかせます。    「ほーーそんなものか?」

そうこうしているうちに ドアが ノックされ チェジュウ みたいな ママ姉さんが入ってきました。

ママ姉さんは うやうやしく ホストに お辞儀をしています。

副社長 なんか 時代劇の殿様のように ゆっくりうなずき 「しっかりやれよ。」

そうこうしているうちに ドアから お姉さんが ぞろぞろ 

「はーーー??」 25名は 入ってきたでしょうか。一人一人自己紹介で名前を言います。 こっちは、4名しかいないのに???

さあ 支店長 選んでください。 はあ?? 選ぶの? そんなの できません。 はずかしい!!

「気に入りませんか。」      副社長は、言うと 右手で さーっと 「出ていけー」

すると全員が出ていき、すかさず また25名ほどが入ってきます。   「はあーー???」

部下が、支店長が 選ばないと 店中のホステスが きますよ。  「はあーー」

じゃあ 一番右端 (もう面倒なので その後も 一番右端に決めていました。)

全員のホステスが決まると、選んだお客様の隣に座ります。 なるほど それで ソフアーが大きいんだ。

「このソファーは。すべて つながっていて テーブルに合わせて 逆Uになっています。

王様の席に座るため 我々が座っている間を するすると ミニスカートで とおって 行きます。 テーブルとお客の座っている前ですから、お姉ちゃんのお尻が 目の前を通ります。  おおベッピンちゃんだなあ など 男どもは、全身を値踏みします。 ううう

そこに するすると ボーイ数名が ビール ウイスキー おつまみ などを運んできます。

ホストは、おもむろに 用意したチップ 1万ウォン(日本円で1000円)をボーイに、大げさに配ります。

へーー なんか 違うなあ 日本では、そっと渡すのが イナセ だけど

a1530_000075大げさに手を伸ばして みんなに見えるように   しかし、ホステスはそのたびに「ほー」 とか言ってうなずきます。 なんだこりゃ

いろいろ 持ってくるたびに チップなので、結局3000円くらい 副社長は、払っていました。

どうやらホステスたちは、これで客の器量を 図っているようでした。(基本は、1回でよいそうです。)  また、後で聞くと、ボーイは、給料がなく オールチップが収入だそうです。

出てきたビールで、全員乾杯 ここまでは、ちょっと日本的

これからが 韓国の遊びの本番でした。 うううう 

 3-3に続く・・・

 

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ にほんブログ村 酒ブログ 酒情報へ  1クリックで、親父は1ニタリになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA