海外の不思議な事情 食事ルール編

食事のマナー これも各国で、様々なルールがあります。

a1180_008005

国によって こんなに食事のルールが 違うのか

海外旅行に行く方や 特に、海外に赴任される方に お伝えします にゃん

基本的にアジアでは、日本的な「つつましさ」や相手のことを思っての「遠慮」(初めての方との食事だからきちっとしよう。)など、これらは、絶対にしないようにしてくださいね。

日本では、接待したほう(ホスト)は、相手(お客様)の所作を見ながら これは気に入ったか。 気に入らなかったか。 相手の気持ちを 探ります。 つまり 相手の言動を見ながら「謙虚な人だ」「上品な人だ」などと 評価しますね

アジアでは、その「謙虚さ」は、  「こいつ この食事が、気に食わんのだな。」 と ほとんどのケース誤解されます にゃん。 しまいには、この皿 下げてくれなど 怒りをあらわにします。(本当は、これ、気を使って、取り替えようとしてるのですが・・。)

韓国で、絶対にやってはいけないこと 一皿の食事に 逆さ「はし」 で 自分のさらに取り分けること

日本の鍋のように 自分の「はし」を突っ込んで食べなければなりません。

理由は、こうです。 「なにーーー 俺が、はしをつけたもの 汚いというのか!!」 など すげーーいやがれます。

日本的に言えば、同じ釜の飯を 食えんのかーー っ て感じになります。

これをやると まあ2度と 食事には誘われません。 ビジネスも半分は失敗します。

また、うまかったら、本当にうまいということ まずかったら 口に合いませんと はっきり言うことです。

そもそも アジアの人たちは、多少日本人に対して、劣等感を持っています。

a1150_000346先進国の日本人に、我々のモノは合うのか? という感情を持っています。  私も2年ほど 駐在した後に、各国の銀行の方と 同席で、日本人と会食した際、日本人の所作を見て ううう

日本人の遠慮的な所作が、本当は、「このレストランは不潔で、出された料理が、なんか小汚いものを見るような しぐさ」 に見えてしまします。

なんか、文化の違いは、そりゃ おそろしいものですわーーー

 

 

 

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ にほんブログ村 酒ブログ 酒情報へ  1クリックで、親父は1ニタリになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA