海外の不思議な事情 友情編2

a0782_000874親友になったら、プライベートな時は、女性同士も当然のこと、男も手をつないだり、時には抱擁したりします。

これ本当に ううう わかっていますが

これは やはり いや にゃオン

 

次は、結構 面白しろ 第2弾

親友同士では、相手のものはすべて自分のモノとなります。たとえば、アパートの冷蔵庫の中身は、「もらうよ」の一言もなく、ビールを飲んだり、モノを食べても OKなんです。 なんと 貯金箱の小銭どころか そこそこのお金も 共用だという 認識なんです。

これ普通だそうです。家族以上なので・・・

タバコなどは、社員でもテーブルにあると みんなのモノで、1本いただきます。なんて 言いません。

簡単に言うと 親友は家族以上の存在になるのです。 これ慣れるまで、ちょいと 腹が立ちます。ううう

でも、なにかあった時 親友は、なんでも助けてくれる よき友になります。

a1150_000346前回のヨムさんにも ずいぶん おせわになりましたわ

日本から出張で来た本社のアホな社員が 町の飲み屋で「ぼったくり」にあい、私に連絡があり、夜中にもかかわらず、ヨムさんに連絡したら しっかり 対処してくれました。

このほか ちょっとした現地トラブルは、ほんと親身になって対応してくれました。

一度、日本語がわかる大学の教授と この文化について、なぜか 聞いたところ

「朝鮮半島は、地政学的に、多くの戦争に巻き込まれていた時代が多く、また、同民族同士の戦いの歴史も非常に多い。さらに、長い間、中国大陸がらやってきた異民族の属国であった。

したがって、自分や家族以外は、すべて敵の状態 

だから、これと決めた親友には、全身全霊で自分をさらし、一つになろうとする行動をとるのです。

ほほーー なんとなく わかるような・・・

異民族に、一度も侵略された経験がない日本、(蒙古襲来があったが、2度とも失敗)では、考えられない文化があるんですね。

一見、見た目が、似ている東アジアの民族 容姿が似ている分 「文化の違いに戸惑う。」という言葉では、言い尽くせない 違いがあります。

私も赴任3年目くらいから、克服しました。 答えは、「どこの国の基準で、お付き合いするか。」なんです。

簡単に言えば、「郷に入りては、郷に従え」です。

アジアの国とは、ビジネスで、トラブルがつきものです。

「阿吽の呼吸」は、絶対にありえない。 と 心から気をつけなければ 慣れたときから不幸がはじまります。

 

 

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ にほんブログ村 酒ブログ 酒情報へ  1クリックで、親父は1ニタリになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA