台風 日本を縦断②・・・ううう

みなさま

なんやら止まらなくなったおやじ 台風関連の脱線ブログです。 きゃあー

ところで、日本では台風 大きな風でなく 台をつかっていて

さらに英語圏でも「タイフーン」と同じ発音なんで???

ありましたSNS ウキィぺデア
説1. 昔の日本では「颶風」(ぐふう)という語が一般的で、「たいふう」と呼ぶようになったのは、明治時代末の当時の気象台長が「颱風」(たいふう)という語を使ってからのようです。「颱」という語は、中国福建省地方では「台湾付近の風」という意味で使われていて、沖縄と中国の進貢貿易が盛んな頃の遭難記録に「颱風」という字が使われていたようです。その後、昭和21年に当用漢字が定められてから「台風」となりました。
説2. 英語の「Typhoon」(タイフーン)に漢字を当てたという説等があります。英語の「Typhoon」の語源は、説1の中国語の音訳。
説3. ギリシャ神話の風の神「Typhon」(テュホン)説。
説4. アラビア語。等々語源は諸説あるようです。
日本語、英語とも中国語からというのが有力のようです。ちなみに、発生する場所でハリケーン(カリブ海)、サイクロン(インド洋)と呼び方が変わるのは既にご存じのとおりです。

賢くなりました。

ところでタイフーンは???
タイフーン (Typhoon)
太平洋北部において被害を及ぼす、発達した熱帯低気圧(世界気象機関による国際的な定義では最大風速33m以上のものを指す)。定義が一部重なる気象用語としては台風を参照。
ついでに台風はおっかないから 戦闘機・潜水艦や装甲車に名前がついてますぞ
世界的に台風は、おそろしい ニャオーン
   

ホーカー タイフーン – 第二次世界大戦時のイギリスのレシプロ戦闘機(ホーカー ハリケーンの発展型)。
ユーロファイター タイフーン – 2000年代の西ヨーロッパで共同開発された戦闘機。
タイフーン型原子力潜水艦 – ロシア海軍の弾道ミサイル原子力潜水艦のNATOコードネーム。
タイフーン作戦 – 第二次世界大戦中のモスクワの戦いにおける、ドイツ軍の作戦名。
タイフーン (RWS) – イスラエルのラファエル社が開発した艦載兵装の搭載システム(RWS)。
タイフーン (装輪装甲車) – ロシア連邦軍の装輪式装甲兵員輸送車/MRAP。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ にほんブログ村 酒ブログ 酒情報へ  1クリックで、親父は1ニタリになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA