なんやらおかしい報道 こらーー

国会閉鎖中の審議

今、ちまたでお騒がせの 国会審議 「加計学園問題」
おやじ審議をじっくり ユーチューブで見ましたが
最初の質問者の小野寺さんの質疑でわかったぞい

いわゆる「加計ありき」論争の根本
やっぱり今回の発端は、元「前川事務次官」の妄想・思い込みから拡散している。 きゃーーあ

皆様もぜひ動画をご覧ください。
しかしこいつ 本当に嫌なタイプの官僚だ。

でもこんなやつがなぜ 野党やマスコミが担ぐのだろう。
ひょっとして これ日本人のわるい特性・特徴かも?
とにかく大きいものに対抗するものを応援する。「判官びいき」

もう一つ
日本人グループが何かを協議するときに、よく陥る 
意思決定のプロセス
会議で決定する前に トップのご意向を自然と伺う 
「そんたく」にもとずく「空気」という環境づくり

今回の問題提起は、このような姿勢(協議環境)を批判している報道内容だったはずだが・・・
国の政策決定後の行政執行は、中立で合理的な協議であるべき・・・

いまや、マスコミ様たちは、「今、政府を追及すること」がトレンデイとばかり
本質的な「岩盤規制をどうするか」など そっちのけ
いまや空気を通り越して、総理の指示があった。という点にすり替えが始まっている。

でもみなさま
この日本人の「空気」つくり問題
初期のころの、マスコミたちの報道方針自体がこれをやめるべき的な方針が・・・

一転して、マスコミ界でも、日本人の特徴である「空気を読む」組織行動心理が発動して
政府をたたくのが正義とばかり
「前川妄想」を具現化しているようですわ きゃーーあ

日本の協議方法の批判がいつのまにかミイラ取りがミイラに
自ら首を絞めているような へんてこ報道
マスコミも野党も
この空気への反発は、もう関係ありません。

とにもかくにも 強い安倍政権を攻撃するのは、この問題を追及するしかない
政策論争より 「疑問が残る。」といった点を強調する国民への「空気づくり」

残念ながら、支持率を見る限り これに踊らされている わが国民たち
いつも我々が批判する半島のマスコミや民衆の動向を笑えないぞう

こらーー しっかりせい

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ にほんブログ村 酒ブログ 酒情報へ  1クリックで、親父は1ニタリになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA