おっかないニャオン ううう

みなさま

なんやらおっかないニュースがSNSに ううう
太陽さまの黒点がなくなっているそうですにゃー
321547 32547

こんな具合に黒点がなくなっているそうじゃあ
おやじ人間様の顔のようにシミやそばかすがなくなって 良いのではないかと思っていましたが・・・
どうも太陽さまが元気がなくなっているそうなのじゃあ ううう

解説ではこうなっているんじゃ
太陽周期は活動極小期へと

2014年7月に黒点が消えた時は、太陽周期はまだ本格的に活動縮小期であるわけではなかったもので、多少意外な出来事でしたが、今の時期ですと、太陽活動は完全に縮小していっている時ですので、そろそろ「黒点0」が頻繁に現れるのかなと思っていました。
まだ今後は黒点は出現するでしょうけれど、基本的には今後2〜3年くらいのあいだに完全に「黒点のない太陽」となっていくと思われます。
NOAA (アメリカ海洋大気庁)は、太陽活動の極小期がやって来るのを 2019年から 2020年頃と予測していますが、最近は太陽活動サイクルの時間軸が不安定ですので、どうなるのかはよくわかりません。
ちなみに、今の第 24太陽周期(サイクル 24)は、「過去 200百年でもっとも太陽活動が弱い(黒点の数が少ない)」ものであることが確定しています。

なんやら難しいが 面白いことに こんな研究をしている学者さんまでいるのじゃ

チジェフスキーと太陽生物学

嶋中雄二著『太陽活動と景気』 第6章「太陽活動と人間の生理」より
1915年から24年にかけて、ロシアの科学者で歴史家でもあったA・L・チジェフスキーは、紀元前 600年にまで遡り、戦争、民族大移動、革命、流行病のような社会的大変動に及ぶ資料を75の国から集め、これら地球上の人間活動と太陽活動との関係を徹底的に調べた。
776t
なんとその項目には ううう
戦争・民族大移動・革命・感染症・事故などが太陽の活動とリンクしているらしい 太陽さまが元気だと増加する傾向があるらしい
じゃあ いいのではないかと 思ってしまうが 一方でこんな特徴があるらしい ううう

第1期(黒点最小期)

この時期の特徴:
・大衆の統合性の欠如
・大衆は政治的、軍事的な問題に関心を示さない
・穏やかで平和的な大衆
・寛容で忍耐強い大衆

こうした特徴のもたらす結果:正しい思想を守るために戦うことの情熱の欠如。闘争を放棄し簡単に断念してしまう。
この時期に現れる社会的な現象:平和条約の締結、降伏、占領、問題解決の場としての議会の活発化、独裁や専制の強化、少数エリートによる統治の強化。

3321547平和条約の締結なんかうれしいが、政治に対する不信感やら昨今の人類の「政治への無関心化」や「自己主張がない無意識化」はこんなことが原因かも きゃあーーー

しっかりしろ「人間たち」

変な奴が現れたら 恐ろしいぞう
そういえば 近くに核兵器を持ったおそろしい変人がいるぞう きゃあーー

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ にほんブログ村 酒ブログ 酒情報へ  1クリックで、親父は1ニタリになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA