朝日新聞さん もうやめてください。 こらーー

おやじちょっと驚きのニュースがありました。 ニャン ちょい古いですけど
あの及び腰の外務省がようやく
スイス・ジュネーブで16日に開かれた国連女性差別撤廃委員会の対日審査で、
外務省の杉山晋輔外務審議官は慰安婦問題について発言
その際に朝日新聞の過去の報道などに触れ、「国際社会に大きな影響を与えた」などと述べた。うひょう
0098
どうしたいままで沈黙の艦隊であった外務省が方針の変化か
ようやく「はっぱ」がかかったか!!!
論調はこのような感じ
杉山氏は、朝鮮で慰安婦を強制連行したと証言した故・吉田清治氏について「虚偽の事実を捏造(ねつぞう)して発表した」と説明し、
「(吉田氏の)書物の内容は当時、大手の新聞社の一つである朝日新聞社により事実であるかのように大きく報道され、
日本、韓国の世論のみならず国際社会にも大きな影響を与えた」と述べた。

さらに、慰安婦の人数について、「20万人という数字も具体的に裏付けのない数字」とし、
「20万人との数字のもとになったのは、通常の戦時労働に動員された女子挺身(ていしん)隊と、
ここでいう慰安婦を誤って混同したことにあると(朝日新聞が)自ら認めているのであります」などと発言した。

おやじも某国にいたとき  この新聞をわざわざ見せられて ひどい目にあったわ こらーー

一方 慰安婦に関する報道をめぐっては、朝日新聞社は2014年8月、吉田氏の証言を虚偽と判断し、関連の記事を取り消した。

しかしですよ 朝日はなんと反発し
朝日新聞東京本社報道局は18日、外務省に対し、「根拠を示さない発言」などとして遺憾であると文書で申し入れた。 あちゃーー

もういい加減に してくださいな
332654
まぎれもなく慰安婦問題を世界に拡散したのは、どういうわけか国産である朝日新聞の執拗な反日キャンペーンだ。 こらーー
慰安婦問題に火をつけたのは、1991年8月11日付の「元朝鮮人慰安婦/戦後半世紀重い口を開く」というキャンペーン
その内容は、女子挺身隊の名で戦場に連行され、売春を強いられた朝鮮人従軍慰安婦がソウル市内に生存することと、
「韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)」が女性の話を録音したテープを朝日記者に公開したというものだった。
この協議会 実質的に北朝鮮の協議会 共産主義の巣窟だーーー

この朝日が世界にばら撒いたこの反日キャンペーン報道によって、日本の先人の名誉が貶められたことは、まちがいないぞーー
あの悪名高きクマラスワミ報告に、吉田清治の捏造が引用されており「世界的影響」であるぞ。

朝日新聞は外務省の国連での発言に「根拠」を求めているが、「根拠」のない報道をしてきたのは朝日の側ではなかろうか。
朝日新聞のあの誤報問題 会見 きゃあーー
朝日の読者にお詫びをするんではなく
誤報を世界に発信し、日本の汚名をそそぐのが マスメディアの使命なんじゃ こらーーー

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ にほんブログ村 酒ブログ 酒情報へ  1クリックで、親父は1ニタリになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA