中国で日本人スパイが・・・そんなアホな

今日のニュースでぶっ飛びのニュースが
朝日新聞の報道によると中国遼寧省と浙江省で今年5月、「スパイ行為」に関わった疑いで日本人2人が拘束されている。はーー???
111ほんまでっか!!!
そんなアホな
戦後占領軍の米国GHQによって、スパイ防止法すら持てない国ですぞ日本は!!
あのスパイ王国の共産圏でスパイ活動を政府がおこなうなどありえん。 一笑に値することだ。
もう日本ではこの法がないため 海外からスパイがわんさか来ていて
例えば、この法がないため北朝鮮へ拉致に加担した人物も数名実存しているのもかかわらず、この人物を調査することもできない状態なのである。ううう
ユーチューブで拉致被害者の訴えを見たが・・・もう唖然 かなしい
日本には、米国CIAや英国M16やらイスラエルのモサドなど優秀な諜報機関は設立できないのであります。

だから国の諜報活動など筒抜けで、もしいると仮定してもそのスパイはすぐに捕まってしまう ううう
せいぜいあやしい外人の傭兵スパイから情報を買って、それを取捨選択するしか対応ができないのが日本の実態である。 これもなさけないが・・・
98754
そんな背景を重々知っている日本のマスコミの朝日新聞さんは、この中国の報道に同調してアホナ情報を公表するとは とほほ
いったいどこの国の新聞社ですかと疑いたくなります。 こらーー

政府の見解は、菅義偉官房長官は30日午前の記者会見で、「報道は承知しているが、個別事案については事柄(の性質)上、控えたい」と述べ、拘束の事実があるのかどうかについて明らかにしなかった。
一方で、菅氏は「邦人の海外における安否については政府として全力で取り組んでいる」と強調。
日本政府が中国にスパイを送った事実があるのかとの質問に対し、「我が国はそうしたことは絶対ない。これはすべての国に対して同じことだ」と語った。
当たり前の回答じゃ 日本のマスコミもこうしろ 
中国のいやらしい外交戦術に惑わされるな こらーー

一例をあげると中国のいやらしい戦術は、このようなものもある。
日本の建築会社が慰安旅行で止まっている中国のホテルに公安が突入
社員さんたちが大勢売春行為で捕まった。
大変失礼ですが、中国の飲み屋さんKTV(カラオケクラブ)はほぼ100%お持ち帰り飲み屋さんです。
これが地方出身者の方々の重要な収入源で地元の人たちは、これらの行為は普通の夜のビジネスとして周知の事実だ。
これも日本政府の施策案に対するカウンター くそーー

6548今回の件も、なんやらまた反日のトリガーとしている節があるなあ
先の中国での日本の法人デパートやレストランを襲った報道みなさま覚えていますよね。
実はこの背景にはこんなことが・・・
時の内閣が、『中国は世界上位のGDP(日本を抜く)となるので、日本からのODA(後進国への資金援助)をやめよう』と議会に提出しようとした。
これに対する報復と言われている。ううう

赴任中に知り合った在沖の邦人さんがまだたくさん中国にいる。心配だなあ・・・
あの時の暴動のようにならないように くわばら くわばら

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ にほんブログ村 酒ブログ 酒情報へ  1クリックで、親父は1ニタリになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA