ああぁフォルクスワーゲン 大失態 ううう

みなさま もうご存知かと思いますが
ドイツのフォルクスワーゲン やっちまいました。 いかさまを こらーーー

アメリカのきびしい排ガス規制をクリアーするため フォルクワーゲンは、デーゼルエンジンの排ガス規制する装置(触媒装置)を
ソフトウエアを使ってコントロールしていたという。
111
排気ガス試験モードテストのパターンを判断し、そのパターンの運転が始まったらフルに触媒機能を発揮するようなプログラムを入れていたようだ。
こういったプログラム、昔から存在していた。だからこそ米EPA(環境保護庁)は試験用プログラムを入れることを禁止している。
アメリカの規制は厳しく20万キロ走っても同等の性能を維持することが求められていいるそうだ。
日本で走行20万キロもの車を維持して乗っている人は、皆無に等しいのでは(せいぜい営業車 タクシーくらいかな??)
アメリカはそもそも広いし、またアメリカ人は車をだいじにのるものですなぁ www

話は戻りますが
今回は試験用プログラムを簡単に解らないよう制御コンピューターに組み込んであったらしい。
つまりモードテストに入った時はフルに触媒が稼働。そうでないときは性能を落として使っていたということ。あちゃーーー
それも対象となる台数は。1100万台という台数になっていたという。 うひょ
32154
フォルクスワーゲンはトヨタをぬき 販売台数がトップシェア―となったが このことは致命傷となりそうだ。 ううう
日本でもいつぞや 三菱自動車の大型トラックがタイヤが脱輪する不具合をだし、多くの犠牲者を出しました。(それもしばらく隠ぺいしていた。)
事件発覚後、三菱自動車はまったく車が売れずに潰れそうになったが・・・
さすがダイヤモンドグループの三菱
グループ会社の社有車に指定したり、社員に買わせたり、おまけに取引先に強引に買わせたりで なんとか急場をしのいだという噂がある。

しかしフォルクスワーゲンはすでにトップシェア―であるため 三菱のような手段はとれない。
トップや経営陣が変わったところで このダメージはぬぐえないのでは・・・・

あああ 企業のモラルはどこに行ってしまったのだろう
世界的なデフレや価格競争でこのような 隠れインチキが横行しませんように。

22222皆様 車など命にかかわるモノの購買には注意をしましょうね。
価格の安さは、絶え間ない技術革新や工夫があってなせるもの
材料の価格を抑えるため安易な発展途上国での製造方法など 
ほんとうに注意しなければなりませんね。

少なくとも 最近のおやじ猫は 飼い主様のご厚意もあり
キャットフードは、中国製造モノは食べませんのじゃーーー

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ にほんブログ村 酒ブログ 酒情報へ  1クリックで、親父は1ニタリになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA