日本中央の碑 ここにあったのか きゃぁ 見つけました。

東北出張にいったときに、とても興味深いところに行ってまいりました。 ニャオン
土曜日にレンタカーを借りて国道をひたすら北にそう恐山に向かっていた時に、看板があったのですニャオン
予定外の看板を見て わざわざUターンしていった会館です。 ううう
それは青森県下北半島(マサカリに似た半島)の根元からちょっと北に行ったところ
ここに『日本中央の碑』というのがあるのですニャオン

220

そこにはこんな由来がありますの ニャオン
ウッキペディアでは・・・
青森県東北町の坪(つぼ)という集落の近くに、千曳神社(ちびきじんじゃ)があり、この神社の伝説に 1000 人の人間で石碑を引っぱり、神社の地下に埋めたとするものがあった。このため、明治天皇が東北地方を巡幸する1876年(明治9年)に、この神社の地下を発掘するように命令が政府から下った。神社の周囲はすっかり地面が掘られてしまったが、石を発掘することはできなかった。

1949年(昭和24年)6月、東北町の千曳神社の近くにある千曳集落の川村種吉は、千曳集落と石文(いしぶみ)集落の間の谷底に落ちていた巨石を、伝説を確かめてみようと大人数でひっくり返してみると、石の地面に埋まっていたところの面には「日本中央」という文面が彫られていたという。

この地区には田村麻呂は到着していないし、実際に都母(つも)に行ったとされる武将は文屋綿麻呂である。しかし、多くの古い事柄を有名な英雄である坂上田村麻呂に関係づける傾向がこの地方に多い。実際に文屋綿麻呂が書いたとすれば811年(弘仁2年)頃の出来事になる。

発見後、新聞社や学者が調査を行うが、本物の「つぼのいしぶみ」であるとする鑑定がはっきりと出されていないのが現状である。これは、『袖中抄』の記述とは一致するが、常識とは異なる「日本中央」という文面や、多賀城碑の存在、田村麻呂が現地に到達していないという問題、一見して達筆であるとは言えない字の形、発見時に学者らの調査以前に拓本をとるため表面を必要以上に綺麗にしてしまった問題などが鑑定に影響を及ぼしている。

現在、日本中央の碑保存館の中にこの石碑は保存されているのでしゅわ。 ニャオン ごろごろ
219 221 223 226
とてもきれいな会館でとてつもなく やさしいおじいさんが親切に説明してくれました。
誰も観光客はいないのでゆっくり鑑賞できました。
小さい会館なのですが、各資料はご自由に見てくださいと書いてまして・・・まあすんごいのがたくさんありましたわ
読むとなんやら神秘的な感じがしました。
実は、昔古事記関連の本を読んだときに、この碑を扱った文面があり、とても興味を持っていた記憶がありますのじゃ
229 235 238
先住者(出雲系?)と天尊敬の最後の闘争の由来がある すんごい碑なのですぞ きゃーーー ここにあったのかあああ
本当は入った瞬間から なんかなつかしいというか 不思議な感覚に陥ります。どんな感覚かというと・・・

98754 221

なんか無重量のような感じで 上下左右の負荷がないのです。 わかりますか???

そうなんです。 なんか宇宙船にのったような不思議な感覚です。
ウッキペデイアには書いていないのですが、時の平安時代の朝廷がこの碑を奪取するために 血眼であったそうなのです。結局見つけられなかった。
そんな意味深なゆらいがあるのですぞ—- がるる びっくりな伝説が
だって1500年以上も経ってすら明治天皇がわざわざこの地に行くのは そしてこの碑をさがそうとしたことに何かあると思いませんか。
時の報道が小さいことも なんか素直に納得しない。 ううう
だって本当に何もないところなんですわ この場所は あああ なぜ?なぜ??

さて次はこの碑が発見された神社に行ってみました。 これもすごかった。 ニャオン ニャオン

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ にほんブログ村 酒ブログ 酒情報へ  1クリックで、親父は1ニタリになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA