おやじ怒ってます。同時テロ ううう

こんな恐ろしい事件が世界で 100人以上が死んでしまった。 こらーー
新聞ではこう解説していた。
111『4カ国テロ 浸透する過激思想、ラマダン攻撃指令に呼応の可能性中東・北アフリカやフランスなどで相次いだテロや襲撃はそれぞれ違う手口で行われ、標的も異なっていた。』
『チュニジアとクウェートの事件ではイスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」が犯行声明を出したものの、ソマリアのアッシャバーブはイスラム国と競合関係にある国際テロ組織アルカーイダ系だ。一方で、フランスの事件も含めてイスラム過激思想の影響という共通点ものぞき、その残虐性が改めて印象付けられた。』

ということはこやつらアイシルでもなんでもなく、単純な馬鹿者集団が勝手にやった。 ううう
ひょっとして過激派的な行動をすること・模倣犯的な行動とることで連帯感の高揚 ううう

イスラム教では、信者がコーランに基ずく戒律を通じ、信者が同じ行動を共に行うことで、絶対連帯という大きな精神的なムーブメントが高揚し、より信仰が濃くなる宗教性があると専門書に書いてあった。
しかしそもそもジハードとは、
ジハード(جهاد‎ jihād)は、イスラームにおいて信徒(ムスリム)の義務とされている行為のひとつ。 ジハードは本来、「努力」「奮闘」の意味であり、ムスリムの主要な義務である五行に次いで「第六番目の行」といわれることがある。 日本では一般に「聖戦」と訳されることが多いが、厳密には正しくない。 ジハードの重要性は、イスラームの聖典『クルアーン(コーラン)』が神の道において奮闘せよと命じていることと、あるいはまた、預言者(ムハンマド)と初期のイスラーム共同体(ウンマ)のあり方に根ざしている。

こんな行動は決してイスラムの神が望んでいないはず。 こやつらイスラム教徒を名乗った狂人 それも国を超えた馬鹿どもが同じときに行動 ううう
なにかきな臭いにおいがする。 ほんとうにイスラム教徒だろうか。 WEBを通じた恐ろしい精神病が伝染したのか こらーー

日本では命は天から授かったものという思想がある。 一方、ユダヤ・キリスト・イスラム教では、一神教は命は、神から授かったという考え方だろう。
日本では、唯一神に従う行動が正しい。という考え方はしない。
たまにおぞましい事件が日本にも発生するが・・・

日本の思想は、ヒトは天から命を授かった。またヒトは天という自然の大きな法則の中で生かされている。 だから自然の法則を乱してはいけない。したがってむやみに殺生をすることはこの法則を乱す。という思想が生きているのだろう。

いずれにせよ無差別な殺生は絶対にいかん こらーー
まさに天罰が下るぞーー

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ にほんブログ村 酒ブログ 酒情報へ  1クリックで、親父は1ニタリになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA