アメリカ大使 顔80針ぬったそうです。腕までが・・ ううう

昨日、韓国でリッパート駐韓米大使がソウルの会合出席中、男に切り付けられ重傷を負った事件。搬送先の病院の担当医は5日に大使が顔の右側に長さ11センチ、深さ3センチの傷を負うなどし、顔だけで約80針の縫合手術を受けたと明らかにした。 うりゃーー
98754
これはちょいと脅しで やったなどの力ではないぞ
案の定、顔だけでなく切り付けられた際に腕で防ごうとして、刃物が左前腕を貫通。筋肉のほか感覚神経も損傷しているらしい。 ぞーーぞぞ
おやじ包丁で、鶏肉や豚肉なんて切るとき けっこう切れないこと知ってます。 
深さ3CMとなると 相当の力が入っていますぞ なんか殺意を感じるなあ

さて、こやつ現場で取り押さえられた襲撃犯をキム・ギジョン(54)は、「今回はテロだ。」などほざいているらしいが・・・ こやつ前科があります。
2010年7月に当時の日本の重家俊範駐韓大使に投石し、懲役2年、執行猶予3年の有罪判決を受けている。
こんな輩がなんで この会場に入ってこれるのか???

WEBでは、主催者の対北朝鮮支援団体「民族和解協力汎(はん)国民協議会」の関係者は「これまで閣僚らもゲストに呼んだことがあったので…」と言葉少なに語り、警備が不十分だったことを認めた。
そもそも対北朝鮮支援団体「民族和解協力汎(はん)国民協議会」の朝食会に、なんで米国大使が出席するのかなぁ
また、前歴があるこやつがすんなり会場に入れるとは、なんか胡散臭いなあ
333366969
みなさま 韓国は、時の南北戦争で南のプサンまで北朝鮮側に追いこまれ、後は、済州島に逃げ込むしかなかった状態にあったのですぞ。
実は、おやじこれを知らなくて、赴任が決まってから歴史をちょいと調べて、また韓国にある戦争博物館でその事実を知り、びっくりこいたのを覚えています。
もう絶体絶命の時、例のマッカーサーが今のインチョン空港の近くのインチョン港に侵攻し、制海権、制空権を確保し、今の北朝鮮と中国の国境近くまで侵攻しました。その後、中国軍が数百万人という人海戦術で巻き返しを行い。、最終的に今の38度線で休戦を迎えているのです。

そういう意味で、当然韓国は親米かと思っていたのですが、実は、反米の人がとても多いのです。
時の政権が北朝鮮よりの盧武鉉であったり。駐留米軍が昔の沖縄のように、韓国の女子を蹂躙する事件が多く、反米が根いていたのです。
これもおやじびっくりした事実であります。
おそらく日本人が世界一アメリカが好きと思います。 世界ではアメリカは嫌われもんです。 ほんと

先日の北朝鮮のミサイル発射の事件など 最近、なんかよくわからん 半島の事件が多いですね。 ううう
ところで、思い出した。
韓国法務は、はやく元韓国産経新聞 ソウル支店長加藤さんを自由にしなさい。 こらーー

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ にほんブログ村 酒ブログ 酒情報へ  1クリックで、親父は1ニタリになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA