政治献金リーク合戦 ううう

またもや献金疑惑(?)の報道が
23日、自らが代表を務める自民党支部の政治資金問題が相次いで発覚していた西川公也農林水産相23日が辞任をしたが・・・

326587今度は、週刊文春の2015年2月26日は、「安倍首相ショック!お友達 下村博文文科大臣」 あちゃーー
こんな大見出しで塾業界からの違法献金疑惑を5ページにわたって特集した。 ううう

おやじ思わず買ちゃいましたわ
下記の内容が週刊誌の主な内容だが、違法性があるか確信はないが、限りなくグレーで誘導している。

そもそも下村氏の後援会組織は、政治団体として届けている東京の「博友会」を含め、各地域の名前を付けた博友会が10ほどある。
下村氏が塾経営をしていたことがあることから、その関係者が多かったという。記事では、「博友会」以外は、任意団体を装っているが、その実態は政治団体だったと指摘しているのじゃ。

各博友会では、年1回ほど下村氏らを招いての講演会や懇親パーティをホテルで開いており、その都度2万円ほどの会費を集めていた。近畿博友会では、約200人が参加したといい、収入は400万円ほどになったという。その際の講演料は30万円以上だったとし、裏金として違法献金された可能性がある、と書いている。

どうしたものやら これらの報道合戦 あちゃーー
このままいけば、日本の政治家の3分の1は いなくなちゃう かも

そもそも献金は、民主政治の悪い慣例だが・・・
民主主義のパイオニアのアメリカでは、公然と法で容認されている。
それも巨額の政治献金だ。 うりゃあ

6549おやじ思うに、このリーク合戦  過日のJAのNPO化に対する報復と考えることが自然
日本では、疑わしくは辞任が・・・  情けないなあ

歴史の長い「既得権益」が壊された時 このような報復があるのは不思議ではない。
そういう意味で 長い間、怖がった政治家たちが この組織を温存していた。とも言えます。

パンドラの箱を開けた現政権 次はどのパンドラの箱を開けるか?

国民は、どちらが日本の将来に有益かを じっくりみていかなければ いけない にゃあーー

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ にほんブログ村 酒ブログ 酒情報へ  1クリックで、親父は1ニタリになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA