おやじの遊び スナック編 歴史8

a1180_006907今回も、スナックの歴史 にゃん

カラオケの登場で、もう一つの飲み屋街で「文化大革命」が起こったのです。 ううう

それは、スナックに可愛いお姉ちゃんがアルバイトで、勤めだしたのじゃーー悲しい

以前までは、スナックは、会話が中心で 話ができない女の子など いるだけで お客さんは、なんじゃあいつは!!。とクレームをいったもんです。にゃん

だから、夏祭りなど忙しい時だけ、ママさんの娘や親せきの娘さんなどがいましたが・・・

ほかは、訳ありバツ1子供あり姉さんとか人生深い人だけがいましたのじゃ・・。話もうまい。人生がまるで演歌の詩のような深みがあったのじゃ

ところが、カラオケが登場したので、会話を必要としなくなり、ただ可愛いだけのお姉ちゃんが登場したのじゃ こんな感じじゃ (歌 何にします。 きゃーうまいー パチパチ これだけ・・・ 馬鹿野郎 実に詰まらん。)

でも、元来、男はお姉ちゃんに弱いので、「女などイラン」など言うおっさんたちは、

だんだん化石のような頑固じじいと言われるようになり、お姉ちゃんがいるのが普通になってしまったのじゃ・・・悲しい

当然、お姉ちゃんのバイト料が加算され、チャージも3000円以上が普通になってしまったのです。もうオッチャンたちは、はしご酒などできなくなってしまったのです。

12619484それと、今まで都会のススキノとか新宿とかミナミなど浮動客が多いところでしか いなかった「ぼったくり的な店」が地方でも 出てきて、ちょっと飲み屋街もあれてきましたわ。 残念にゃん

その後、ピンサロやアルサロなど、日本文化が腐敗していきましたわ・・・・(次回に突続く)

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ にほんブログ村 酒ブログ 酒情報へ  1クリックで、親父は1ニタリになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA