なんでも住民投票 中学生も投票???

いま日本では、住民投票がはやりらしい
でもこれとても危険な兆候のような気がする ううう

65427公立学校のエアコン設置の所沢市の住民投票
賛成多数であったが、設備投資が3億円かかるので、実施は今後検討します。
えええ なんじゃそれ 財源がないのに なんで住民投票をするのか???

日本最西端の与那国島(沖縄県与那国町)への陸上自衛隊「沿岸監視隊」配備の賛否
ここの住民投票には、なんと中学生と永住外国人に投票資格を与えた。 あちゃーー
これ村祭りの催しの投票ではありません。 ううう
結果は、まだ出ていないが、どうなることやら・・・

学校の先生に左側の人がいたら、おそらく生徒は、先生のお話の影響を受けるのは必須。
さらに永住外国人に資格を与えたリスクがあるのじゃ
「各国憲法では国民に自国への忠誠義務を課している場合があり、在日中国人にも忠誠義務がある。
外国人に投票権を認めることは住民投票が外国の国益のために利用されかねない。」と言われている。
そこに住んでいるゆえの意見ではなく、母国への忠義を求めらるのです。 ほんまでっか? ほんまです。

これが沖縄まで波及したら、在日中国人に日米安保条約の問題で影響力を行使させる危険性をはらみ、とてもリスクが高くなるのです。 あちゃーー

いずれも法的拘束力がないものの 影響力は大きい
マスコミの恰好の「エサ」になる可能性が高い
「永住外国人に投票資格」を与えた陰にいやな姿が浮かぶのは、おやじだけでしょうか?

日本には、参政権というものがあり、いわば究極の住民投票である。これで選ばれた議員による政権の政策に 国民は、従う義務があります。 それだけに選挙は重要なのです。

地方自治体 なんか すさんだ学校教育の場のような気がします。
バイオレンス・ピアレンツ(親たち)のクレームに根負けした学校のような・・・地方自治体が
痴呆自治体に変身 ううう

国の防衛にかかわる課題に住民投票をからめる。 中学生や永住外国人にも投票資格???
これなんかどこぞの戦略的なにおいが・・・ あちゃーー

昨今沖縄だけが「かわいそう論」が多くある、しかし世界に目を向けるとたとえばISILのテロ
米軍がイラク軍を崩壊したので、米軍が撤退した途端ISILに蹂躙されているイラク   隣国のシリアしかりです。 軍部がしっかりしているリビアは、浸食されていない。 無防備な状態では、このような悲劇が起こっています。

沖縄は、地政学的に軍備を整備する必要がある。
時の冷戦時代に北海道に駐屯地を増強したように、代わりの地は、空路を考えると九州だろう。
しかし、沖縄の基地に反論する野党などはこのような代替案を主張しない。 ただ反対だけだ。
こまったもんじゃ

住民投票に似た社内アンケートでおやじこんな苦い経験が・・・

以前の会社の時、何のテーマは忘れましたが、部下から社員にアンケートしましょう。と言った提案が出た時
大手企業から来た顧問から「それは絶対にいけない。」と注意された。
この顧問は、外資系の企業の出身で本社は米国

自由の国アメリカが民の声を聴くのは普通ではないか?と質問をしました。
その答えは、会社の方針を社員の意識(社内アンケート)から探るなど愚の骨頂 なぜなら社員と会社とは全く立場が違うとのご意見でした。

例えば、会社が利益を結構上げたとする。 それをみた社員は、我々にも少し分配してと要求したくなるもの
しかし、会社では、この利益を内部留保し、しかるべきロッドになったら大きな設備投資や新規事業に展開しようと考えている。
または、金融機関から、利益が継続的に獲得できたら大型融資を実行する約束があるとする。

経営層は、この資金で事業を拡大し、将来社員の給与のアップをもくろんでいる。しかし、一般的にこれは事前公開しないものです。 こんなことは、社員は知る由もない。

だから考え方が違う立場の者に、アンケートなどとると厄介なこととなる。
アンケートで多くの賛成になったのに、実行されないとよけいに不満が蓄積するのです。 
なるほど おやじ 反省猿 ううう
669875487
課長(おやじ)「凛」としなさい。あらゆることを想定して自ら基本案を出しなさい。 と叱咤された記憶があります。

この話で、やはり巨大企業には企業経営する歴史の中でしっかりとした企業倫理が存在しているのだと感じました。

日本では、基礎教育でみんなで考えましょう。皆が平等・公平でと教えられ、その責任は教わらなかった。
見せかけの民主主義の怖さを知りました。 ううう

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ にほんブログ村 酒ブログ 酒情報へ  1クリックで、親父は1ニタリになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA