翼賛体制に批判 いまどき何???

作家や映画監督、ジャーナリスト、音楽家など、表現活動にたずさわる人々が2月9日、「翼賛体制の構築に抗する言論人、報道人、表現者の声明」を発表した。 あちゃー まさに時代錯誤も甚だしい ううう

32547そもそも翼賛体制ってご存知の方いますか?

翼賛体制とは、
ヨーロッパで第二次世界大戦が始まり、国際情勢の緊迫化にともなって日本も強力な指導体制を形成する必要があるとし、政党ではなく結社に近い形で、大政翼賛会ができた。
その後、大政翼賛会を中心に太平洋戦争下での軍部の方針を追認し支える体制を「翼賛体制」という。

みなさま
いまどきの この世の中で、日本人がこのような体制に巻き込まれると思いますか??何のために野党や団体が存在するのでしょうか。
おやじ もし日本が侵略的な戦争を仕掛けるなどしたら、先頭になって反論また行動します にゃオン
ちょいと日本人をばかにしていませんか。 言論人さんたち こらーー 
ひょっとして 自分たちだけの権利主張ではないのですか。

確かに現政権になってから、ようやく日本の主張をしようと言動が多く、その雰囲気になってきていると思います。民主党政権時代からネトウヨ(ネット上で右翼的な発言をいう)と呼ばれる若者も増えていますが、一部を除き、日本が好きです。と主張しているだけと思います にゃオン

例えば、百田直樹氏、「永遠の0」など戦争を賛美しているなどと知識人らから酷評がある。 この本どういう見方をしても戦争というものの悲劇を描いた小説で、反戦のジャンルだ。 確かに映画には残念ながら描かれなかった大手新聞(おそらく朝日新聞)の近年の報道指針を赤裸々に批判した内容が出てくる。 これらにマスコミ・知識人らは、過敏に反応するのだろうか。
また、百田氏は、アメリカの原爆投下や都市部の爆撃に対して、辛辣にアメリカを批判している。
今までのタブーとされたアメリカ批判をするから、また当時の日本人は立派だった主張。 これらで右翼の親玉的な扱いである。
本人の言っているように、百田氏は、右でも左でもなく「日本が好きです派」とおやじも思います。 ニャオン

そもそも海外に赴任して日本を見ると なんかおかしいニャン
マスコミでは、まず政府批判
特徴的なのは、久米ひろしの報道ステーションあたりからだろう。 ニュースを扱い その後、「これはいったい何なのでしょう。政府はおかしい 」と言ったコメントで終了する。 この手法「政府に対して疑問を提起する報道スタイル」がいかに多くなっているか。
久しぶりに日本のテレビを見てびっくりしたものです。

コメンテターや専門家も問題提起ですべて終わる。 ちょいと我々はみなさん庶民と知らない知識や違った視点をもっていますよ。的な言論で終わる。 時代時代の施策は、多少の問題を抱えるものである。 しかしマスコミ関係や力のない野党は、その矛盾をつく批判に終始する。
なんか おかしいですぞ これ 幼稚すぎますわ WWW

反論する別の案をちゃんと提起して見ろ。 それでこそ野党の存続価値であり、政府の暴走を阻止するマスコミの定義ではないんのか。 ううう

3336987言論の自由 報道の自由 人権 平和 の主張ばかり 日本人として国家にどう貢献するか。 国家をどうするか 国防をどう考えるかは、完全無視 むすかしい課題は、政府任せ あちゃーー

みなさま ご存知のジョン・F・ケネデイの演説を思い出してほしい。
演説の最後に語られた「我が同胞アメリカ国民よ、国が諸君のために何が出来るかを問うのではなく、諸君が国のために何が出来るかを問うてほしい。」「世界の友人たちよ。アメリカが諸君のために何を為すかを問うのではなく、人類の自由のためにともに何が出来るかを問うてほしい。」「最後に、アメリカ国民、そして世界の市民よ、私達が諸君に求めることと同じだけの高い水準の強さと犠牲を私達に求めて欲しい」

ちゃんと 国民の義務 世界の中で生きていく義務を訴えている。
その後のアメリカの世界戦略にはむむむ であるが、

この演説の意味は大きい わが日本もこのようなスタンスが求められていますぞ。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ にほんブログ村 酒ブログ 酒情報へ  1クリックで、親父は1ニタリになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA