ISILの報道 報ステがおかしい! 悲しいニャオン

WEBニュースであまりにも批判が多かったので、見てしまいました。ユーチューブ
おやじ見なきゃよかった。「報道ステーション」のISIL特集 みてびっくり 「テロの一面に理解を思わせるような」印象だったニャオン

報道番組で、テロ側のISILの主張内容をここまで放送することはまずない、あっても断りを入れて放送するのが倫理だろう。
ISILが世界に発進している映像は、いわばこやつらの「CM」であって危険な代物として定義する。これが常識ではなかろうか。
2547なんと「国家を作ること」が目的であって・・・・と思わせる内容だった。
第一こんな非情なものたちに国家を語る資格がない。と報道するものだろう。

ISILに関わる歴史的経緯は、宗教宗派の思想の相違や民族間の軋轢があるものの
大きな流れでは、ソ連のアフガン侵攻から始まり、アメリカが当時のゲリラ(義勇団)に武器支援をして、その後、1988年にオサマデ・ラビンが組織化した。その後アメリカさまが湾岸戦争を起こして、聖地を荒らされたとして(実際に利権戦争)、アルカイダは反米となる。
9.11を経て、2003年イラク戦争が勃発し、フセインが倒れた後、イラク軍の残党とアルカイダがISILの中核になったと言われている。(大量破壊兵器はなかった・・・)
2006年にこのテロ集団を米国は空爆などで攻撃するものの泥沼化となり、硬直化
2011年に米国はイラクから撤退 同時期にシリアの内戦が始まる。
その際、シーア派とスン二派が分裂し、2014年にはアルカイダVS ISIL(イスラム国)に分裂した。
大雑把にいってこんな歴史的な経緯だろう。

大国のエゴに翻弄されたことは、確かに事実としてある、おやじもこの点は重視する。 特に、アメリカさまや欧州の自分たちの利益のために「アラブは統一させない。」という戦略があるのだろう。 「アラブの春」民主化作戦も失敗 あちゃー

ひょっとしたら、イスラム教の世界的な広がりをユダヤ教(イスラエル)やキリスト教(巨大資本)が阻止するための「道具」として、こやつらが資金提供しているのではと疑っているくらいじゃ。(ちょっとおやじの妄想)

でも、でもISILは国でもなんでもなく、イスラム教原理主義を名乗っているただの「殺戮集団」だ。 だからISILのテロを容認することはばかげている事は、いうまでもない。

報道ステーションの特集は、大きな違和感があった。一般市民をも巻き込む殺戮テロは、とうてい容認できないものだろう。こらー

69876このほかにも、マスコミ報道を見ていると、どうも納得がいかない。 がるる
今回の事件で、テロに対する批判より、ひとの命をネタに、視聴率合戦をやっているように見えてしまう。

また、ここぞとばかり、この事件をネタに政府批判に終始する。 事件がおわってから政権に落ち度があったら、批判してほしい。
特に、「報道ステーションの報道姿勢には、腹立たしい この時間は ここだけニュース枠 ううう
どこかの民放さん ここの対抗馬のニュース枠やってくれーー
おやじさん 最近のマスコミ 特に、テレビの報道姿勢には、 やはり 腹がたちます。 こらーー

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ にほんブログ村 酒ブログ 酒情報へ  1クリックで、親父は1ニタリになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA