なにーどっちが名誉棄損だ、朝日新聞植村記者(元)

あの慰安婦問題を記事にした張本人 元朝日新聞の植村記者が、文芸春秋と東京基督教大西岡教授を名誉棄損で提訴した。 なにーー

98754この御仁、「女子挺身隊」の名で戦場に連行され売春を強要された、とする元慰安婦の証言を記事にした。 元朝日の新聞記者です。 
残念ながら海外にある慰安婦像もこの人の記事ではじまった。ううう
文芸春秋が、「植村氏を慰安婦捏造記者」など報じたことに対して、なんと植村氏、血迷ったか名誉棄損にあたるといい提訴 ぎゃあ

朝日新聞は、慰安婦の記事は、吉田清二証言と同様、事実に反する記述を含んだ虚偽報道(朝日新聞は誤報と表現)。しているのに
なんじゃこれ

疑惑に対する植村氏のマスコミに対する反応も もうきゃーあ ですぞ

2014年1月発売の週刊文春では、「記者だったら、自分が書いた記事ぐらいきちんと説明してもらえませんか」という文春記者からの問いかけに対し植村氏はタクシーに走って乗りこみ、質問に答えることなく逃げたという。同年9月発売の週刊新潮では、記者の直接の取材要請に対し、「取材はお断りします。朝日に出ている通りです。広報を通してください」と取材を拒否している。また、植村氏は産経新聞からの取材申し込みを拒否している。
一方で、朝日新聞および朝日新聞と提携関係のあるニューヨークタイムスの紙上で「記事を捏造した事実は断じてない。」「(安倍首相ら国家主義的な政治家たちが)脅迫的な手法で歴史を否定しようとしている」「(右派が)われわれをいじめて黙らせようとしている」などの主張を行っている。 なんじゃ これ

この植村氏 個人の情報を批判するようで、いやなのですが、家族構成がそうとうにあやしいのだ。
奥さんは、従軍慰安婦問題の調査中に韓国で知り合ったという韓国の女性で、これはご本人のご自由だが・・・妻の母は、慰安婦等の支援団体「太平洋戦争犠牲者遺族会」(遺族会)の代表 梁順任(ヤンスニム)女史

69876週刊誌の掲載では、
そもそも韓国で元慰安婦と称する金学順が日本政府に対する訴訟の原告として名乗りでた時は、
「親に40円でキーセンに売られた」と訴状に書いていた。
植村記者の妻は韓国人で義母が訴訟の原告団長だったので、義母の訴訟を有利にするために(日本軍の強制連行)という話にしたのだ、と批判している。」
なおその義母である梁順任女史は、裁判費用を詐取した件で韓国国内で摘発・立件されている。(2014年2月、証拠不十分で無罪)

なんか身内をかばう職権乱用
朝日のとにかく「戦時日本軍は、すべて悪い奴」報道指針 これに便乗していると言わざるを得ない。 こらー

新聞記者なら、文章で戦え 陰でこそこそ  最後は、法廷に逃げ込む ううう
こんな人が大学という最高学部で教授とは・・・ しかしながら 朝日の元記者は、結構大学教授が多いのじゃ
これよくマスコミが批判する官僚天下りとそっくり   まさにこれ天下りでは??

日本の先達の方々に対して、偽りの報道で誹謗中傷したという名誉棄損が出た時 おやじ賛同して原告団に参加します。ううう

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ にほんブログ村 酒ブログ 酒情報へ  1クリックで、親父は1ニタリになります!

なにーどっちが名誉棄損だ、朝日新聞植村記者(元)」への1件のフィードバック

  1. ぼやきのオッチャン

    まったく同感です。
    恥ということを母親の胎内に置き忘れて
    生を受けた人のような生き物というか、
    私には到底相容れられない人格ですね。
    厚顔無恥そのもので本当に腹立たしい出来事でした。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA