神社「初詣」の人数は世界一

面白いコラムを読みました。
日本人なら誰でも行ったことがある「初詣」 これ世界的に見て断トツの参加数だったのです。

3254正月の三箇日、初詣に出掛けるその数は、全国で8000万人とも言われるそうです。全国トップは、明治神宮のおよそ320万人 ほかにも、全国には、200万人から300万人の初詣客が訪れる神社仏閣がいくつもあるのです。
このコラムでは、お正月のしきたりとして参拝しているが 世界から見れば宗教行為とみなされるそうです。 ニャオン
面白いので、原文概略はこうです。

私たち日本人は、初詣をたんなる「しきたり」としてとらえているが、神社仏閣は「宗教施設」にほかならない。
しかも、初詣に出掛けた私たちは。たんに神社仏閣の建物を見てくるわけではない。本堂や拝殿の前に立って、拍手を打つなり、合掌し、祈りを捧げる。それは、まぎれもなく「宗教行為」である。 なるほどねーー

世界中には、さまざまな宗教施設があり、そこは「聖地」と呼ばれる。イスラム教なら、メッカが聖地でイスラム教の巡礼月には、世界中から巡礼者がメッカに集まるが、その数はおよそ250万人である。年間でも、メッカへの巡礼者は500万人程度である。~中略~250万人という数は、明治神宮の初詣客の数に及ばない。200万人を超える初詣客を迎える神社仏閣がいくつもある日本の現状は世界的に注目されるものである。

明治神宮だけじゃないんです。
浅草の浅草寺ともなれば、年間の参拝者の数は3000万人とも言われる。成田山新勝寺でも1000万人を超えると言われる。そして、日本人は、観光旅行の際にも、奈良や京都をはじめ、各地の神社仏閣を熱心に訪れている。
987
確かに、海外赴任中に各国の仏閣に行ったけど、そんなにいなかったニャオン 中国のなんとかという寺は「お金が儲かる」のでこんでたなあ・・・www

やはり日本人の神様仏様に対する感覚は、ちがうなあ ちゃんと畏怖はするものの なんかお友達というか 身近にあるものですね。
いわゆる鎮守の森なんて 海外で聞いたことがない 神聖な森とか 恐ろしい森とか やはり神様は、遠い存在ですね。ううう

こんな感覚が日本人にあり、自然災害にあっても 震災の中でも 神様の行いと受け止めて ともに助け合うことができるのかもしれませんなぁ

今日も近くの神社に行って参拝しに行ってきます、 ニャオン

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ にほんブログ村 酒ブログ 酒情報へ  1クリックで、親父は1ニタリになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA