香港デモ 政府はやめてよ・・・あれは

香港の若者を中心としたデモ エイペックで、おとなしくしていた中国当局がそろそろ牙を出しそうだ。 
やだな ニャオン

85210 65987 32547
このデモは、 なんで騒動になったか おさらいしよう。

1997年に英国から返還された香港の選挙制度についての問題だ。
中国政府は、2017年に予定されている香港政府の次期トップを決める「行政長官選挙」で、1人1票の普通選挙を導入することで合意した。
しかし、びっくりなことに、中国の体制に、批判的な人物の立候補が事実上できない仕組みになっている。行政長官選挙に立候補するには、中国当局がコントロールする委員会の推薦を受ける必要があるのだ。

これから行われる香港の選挙は、簡単に言うと  「庶民には、1票の投票権はあるものの 立候補者は政府が選んだ人ばかりとなる。」 あちゃ なんと 民主主義の根源である選挙がまさに「パッチもの」なのである。 ほんとうに あちゃぁ

「これはおかしいぞ」というのも うなづける。 若い世代が、将来の自治を心配するのも 当然だ にゃぁ

香港が返還された際、英中が合意した「一国二制度」 しかし、中国が17年の選挙に向けて譲歩し、民主主義に近い仕組みを香港住民に認めれば理想的だが 本当にできるのであろうか。
中国政府は、特別区といえども 選挙制度の根幹は譲ることは考えられない。 例えば、実質的に武力侵攻し、名目上自治区としたウイグル地区などに対して、しめしかつかない。 この地区でもやらせろ となる。 それが全国に広がる可能性すらある。
なぜ絶対に認めないか」?? 
日本のように普通選挙が、当たり前の国では、当たり前すぎて、あまり考えない根本的な違いが あるニャン・・
それは、民主主義は、国民が主権者であることなのです。 だから 国民の投票が存在する。政治家は、あくまで有権者の代表者なのだ。 だから日本でもおかしな政党が与党になった経験もある。
しかし現代の中国では、共産党幹部が主権者であるからだ。選挙そのものが必要ないのです。  極端に言えば、北朝鮮と一緒の政治構成なのですぞ・・・ううう

おやじが中国赴任中にも、すでに多くの富裕層は、海外へ資産を移動している。 特に、共産党の上席幹部の子供たちは、資産とともに海外の有名大学に進学している。こんな話ゴシップでもなく当然の情報として民衆は知っていた。 すでに手の届かない特権層なのです。 報道規制があり 選挙もなくては、どうしようもないのです。 とほほ

ちょいとおやじ調べてみました。「中国に選挙はあったのだろうか?」  ありましたぞ 中国の選挙 大昔に・・・・みなさんが聞いたことのある「科挙」
科挙は、隋の文帝によって始まる。隋より前の六朝時代には、世襲の貴族が家柄によって官僚になるという、世襲制の貴族政治が行われていた。これでは、有能な人材が集まらないと科挙制度が始まった。
科挙という語は「(試験)科目による選挙」を意味する。選挙とは郷挙里選や九品官人法などもそう呼ばれたように、伝統的に官僚へ登用するための手続きをそう呼んでいる。「科目」とは現代の国語や数学などといった教科ではなく、「進士科」や「明経科」などと呼ばれる受験に必要とされる学識の課程である。北宋朝からはこれらの科目は進士科一本に絞られたが、試験自体はその後も“科挙”と呼ばれ続けた。

6584このように中国の「選挙」とは、手続きのことで 我々が知る民主主義の「選挙」とは異質のものだ。
振り返ると中国は、中世から特権階級が多くの平民を統治する政治制度であった。 モンゴル族が支配した元の時代は、実力主義があったようだが、基本は、先述した治政が基本である。
歴史を振り返っても 残念ながら これら若者の意見を通すことは 困難なようである。 ううう

おやじが心配しているのは、25年前の1989年に起こった「天安門事件」のように 政府が強硬策にでて 多くの死傷者が出ることだ。
世界が注目している「香港事件」 世界の監視の目をつづけるしか ないのかにゃぁ

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ にほんブログ村 酒ブログ 酒情報へ  1クリックで、親父は1ニタリになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA