サーズも怖かったぞ 上海空港の対応

ついに、日本でも エボラ感染の疑いの人が でちゃいましたね。

何にもありませんように 神様 お願いします。 にゃオン

98754おやじ TVでこれを見たとき 2002年に、流行った「サーズ」を思い出してしまいました。 ううう

このサーズ そもそも中国で発生したのですが、2003年の大阪のホテルで、台湾の観光客の方に、サーズの症状がでたことがありましたよね。 覚えていますか?みなさま

実は、この件で おやじ とても 怖い目に ううう

ちょうど この事件の次の日に、上海出張に行くことに ううう 

関西空港では、たいした検査はなかったのですが、 まあ 出国ですので 検査も甘いかと

あいにく 航空会社は、中国機 うう

飛行機の中で、入国時の健康診断の申告書記入 なぜかおやじのは 中国語版???

こらーー これわからんぞ というも めんどうなので 適当に記入 しかし 失敗で 調子悪いのに 全部〇

スチュワーデスが来て、申告書を見て「きゃーー」 パーサーもきて ちょっとした騒ぎに ううう

英語版の申告書に書き直し なんとか難を逃れました。 ふーー

しかし、上海空港に着くと これから 怖いことに・・・・

飛行機がゲートについても なかなか 降ろさず 待つこと20分ほど  乗客もざわついてきました。ドアのところでスッチーがなんやら大声でわめいています。 そこに 完全防備の防護服をきた検査官が数名乗り込んできました。

3254うわーー まさか おやじの申告のせいでは ありませんよね

そして乗客の一人一人のおでこに なんやら懐中電灯みたいな体温計を照らして 熱をチェックしています。

よかった 全員なんだ とほっとしたところ

そうしたら 先ほどのスッチーがおやじを指さして なんかささやいています。 ううう さっきの違うのに・・・

ようやく おやじのまえの席に来た時に、事件が 前の中国人の老夫婦のお父さんに 検査機を当てたら 「ぴーぴー」と警告音が・・・ えええ うそーー 

お前 降りろと 検査官がいうが お父さんは なかなか下りず 「中国語でしたが たぶんそんな会話」

そうこうしているうちに 別の防護服をきた検査官が なんと 拳銃を出して おじいちゃんの額に

たぶん中国語で 「降りろ」 「うつぞ 」   きゃあ ほんまでっか

隣で、奥様のおばあちゃんが 半泣きで ピジェ ピジェと 訴えています。 ピジェ=ビールだ!!

たぶんビールを飲みすぎたと 訴えてる。

もう一人の検査官が 何度も検査をし直すと 熱はなし。 たぶん 計器の誤動作 ううう  

658次は、おやじ もうドキドキでしたが すんなり クリアー

よかった もし おじいちゃんに、熱があったら 間違いなく 2週間ほど この飛行機に乗っている乗客全員 とんでもないところに缶詰にされていたはず。 きゃあ

あとで、上海事務所の社員に聞いたら なんとその時

「大阪の人間に、近づかないこと」 と ニュースになっていたらしい。

こらーー そもそも この国から発生したのに こらーー

でも、ほんとうに ホットした おやじちゃんでした。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ にほんブログ村 酒ブログ 酒情報へ  1クリックで、親父は1ニタリになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA