近所の村祭り

今日は、すっきりした秋空で、うちのおバカワンちゃんとお散歩 GO

2587そうしたら 遠くから チョウシャじゃ チョシャじゃ の掛け声が・・・

あっ 今日は、近所の村祭り 「ふとん太鼓」 が練り歩き・・・

さっそく家に戻り カメラを持参

きました きました 子供がたくさん ふとん太鼓を引いています。

私は、道産子なので、このふとん太鼓は、四国で初めて見て、とても形に、驚いた記憶があります。 西日本に多い形です。 関東以北は、ほとんどが、神様を祭ったおみこしです。

調べてみると

ふとん太鼓(ふとんだいこ)とは大阪府河内・泉州地方や、兵庫県播磨・淡路その周辺で担がれる大型のふとん台のことである。重さは1.0t~2.0tあり、約50~70人ほどで毎年各神社の祭礼で派手な演出と共にいきおいよく担がれている。
002 003 004 001

この太鼓の意味は、

太鼓台には神輿(神の輿)としての役割はないが、布団屋根の太鼓台の布団部分、また神輿屋根の太鼓台の魏宝珠部分には神霊が宿ると考える地域があることから、ある種の依り代とも考えられる。このようなことから、太鼓台に女性が触れることを禁忌とする(した)地方も多い。少年が太鼓を叩くところがあり、この場合は幼児などのように厚化粧なったり豪華な衣装を着たり、大人に肩車され地面に足を付けない所もある。雨乞いや豊作への感謝の意味もあるとか。 ほほーー

我家は、石切神社の氏子 「辻子地区」の管内です。 夏7月と秋10月の年2回あります。

この地区は、「河内音頭」もあり、地域のコミュニケーションも盛んです。

ぜひ、石切さんもご参拝ください。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ にほんブログ村 酒ブログ 酒情報へ  1クリックで、親父は1ニタリになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA