朝まで討論 きゃあ1/5

先日、おじいちゃんが集まる「神社会」におやじ参加しているの お話しましたよね。

実は、先週に 2泊の神社めぐりをしたのですが・・・ その時 ううう

a1泊目の夜は、いつもの 伊勢神宮派と出雲大社派の あつい議論でしたが

2泊目に 大変な論争がはじまってしまいましたわ おおお

1泊目の反省から 日本の神のルーツ論をやめて 日本人が「なぜ神仏を自然に親しむか?」の話になりました。 非常に有意義な論議になり、やはり学識のある方々は、すごいなあ と思っていました。

実は、教育関係の方々が多くいます。 学校の元校長さんやら大学の教授など・・・

そろそろ 1時を過ぎましたので みなさん 寝る用意かなっと おやじは、「締め」の ご挨拶と思っていた時 ちょっと あやしい 感じになってきました。 ううう

議論の発端は、日本の国民がなぜ 大きな災害などに対して 冷静でいられるのか?

大方の結論は、日本人は、世界に類を見ない宗教観をもっている。 欧米や中東に見られるキリスト教やイスラム教など1神教ではない文化がある。 共存的な宗教観がある。 フムフム

a0960_002418先進国の中では、唯一日本は、複数の神の存在を 信じる環境・文化があるからだ。 その背景は云々・・・・

それは、みなさん しっかりとした歴史や理論に基づいて お話しされ まとまり かけていたのですが・・・

おじいちゃんたちが 急に 「何ィ!!それは違う・・・」 など 始まってしまいました。 ううう  あれーー今日も 朝まで??

さて大変です。 この後 結局 朝の5時半ごろ 日の出まで つづきました。

続く・・・

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ にほんブログ村 酒ブログ 酒情報へ  1クリックで、親父は1ニタリになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA