海外の特殊事情 上海飲み屋編1

では、上海の飲み屋事情を お伝えします。

a1180_006907中国も韓国と同様に、飲み屋さんが 並んだ 通りはありません。  どんなに近いところでも、歩いて5分から10分かかります。 中国では、クラブを「KTV」と言います。

「カラオケ& TV」という意味で、「歌が歌える。 お姉ちゃんがいる。」 まあ日本でいうクラブです。

 

漢式、日式と、2分されます。 今回は、日式KTVをご紹介します。  日本大使館の近くに、けっこう 密集しています。

前回ご紹介した韓国のルームサロンと 同じように、一軒が巨大です。

だいたい 専用のルームが、最低でも30室 大きいところでは、3フロアーを占有しています。  入居ビルに、入れない繁盛店は、タクシーで15分くらいの場所に、2号店 3号店をもっています。

日式KTVは、なぜか小さいルームがあります。  ちょうど日本のカラオケBOXくらいの ちいさいルームをたくさん用意しています。(あとで、理由を言います。)

韓国と同じように、部屋にお姉ちゃんが、ぞろぞろと入ってきます。 早い時間に行くと、入り口のフロアーに、70~100名くらい立って並んでいます。

韓国との違いは、ホステスは、ゼッケンを 皆つけています。 お客様は、何番の子と指名しやすくなっています。 これはお姉ちゃんの 店での 入れ替わりが多いことが影響しています。

特攻隊員は、ゼッケンが赤、白色は、飲みだけなど はっきりしたルールがある店がありますが、 しかし、これ、理由ありますの・・・・うううう 最低     

基本的に ほぼ特攻隊員です。 にゃん 会話は、ほぼ日本の会話は、全員ちゃんと話をします。

この手のお姉さんは、ほとんど地方出身です。 漢式のKTVには、上海出身の子もいます。

今回は、日本式KTVを紹介しますね。

料金システムは、だいたいウイスキーが450元から600元(おおよそ3500円から5000円まで ) 団体の場合、最初の1本は、ただとか 追加300元などのセールする店もあります。

ちょっとした おつまみ ミネラルウオーター・氷付 これら無料です。 カラオケ代当然無料

後、お姉ちゃんのチップが一人300元(2500円)で、飲む事ができます。 (これ帰るまで占有です。) 

だから、日本のスナックなみの 料金で 好きなお姉ちゃんと 占有で飲むことが できるのです。 

あとで、お姉さんに、インタビューしたら、出てくるスコッチは、すべて偽物 原価50元 追加のミネは、みな水道水だそうです。 本当に好きな大事な常連客には、ボーイに、 ちゃんとした ミネを もってこらせるそうです。 やっぱり ううう どうりで 次の日に頭痛するわ なあ・・・

お姉ちゃん曰く 日本式は、ルールがきびしく 遅刻罰金 月のノルマ8000元の売上がなければ、退職。8000元以上は10%バック、10000位所は15%バックなど きびしいコミションがあるそうです。

漢式には、ノルマがないの、なぜいかないの? だって漢式は、稼げるのは、稼げるが・・・もうめちゃくちゃにされ、3年以上は、勤めることができない。 日式は、5年以上稼いでる人もいます。

ハーン 韓国といっしょだなあ

このように、中国のKTVは、日本では、スナック料金で飲めます。しかし、当時の上海の一般大衆の月給は、およそ2500元 庶民は、KTVには行けません。

やすい店が あるにはありますが、これ強烈です。 中国ネコに化けた おやじ3回ほど この手の店に行きましたが、もう強烈・・・ある意味韓国以上でした。 おりを見て報告します。

a0002_009617

おい こら 駐在員 ちゃんとせい

ちょっと 余談ですが、特攻隊のチップ 相場感 10000元から12000元(約1万円から・・・ ほかチップ)

まあ たまに出張でくる日本人客は、いいのですが、

 おやじさんちょっと駐在員には もうウンザリ

また、リタイヤした大手企業のおじさんが、上海で一発当てようと 悲しい思いをしている現状を見て

とても悲しいです。 こらーー お前たち しっかりせんかい !!!

 

 

 

 

 

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ にほんブログ村 酒ブログ 酒情報へ  1クリックで、親父は1ニタリになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA